ウェディング(ブライダル)プランナーになるには|資格情報など

どんなお仕事?

ウェディングプランナー画像

人生で一度限りの大切なイベント、結婚式。

 

そんな一大イベントを華々しく演出するお仕事、ウェディングプランナーに憧れを持つ女性も多いのではないでしょうか。

 

ウェディングプランナーは、主役のカップルはもちろん、招待客も含めたすべての方々に満足して貰える、素敵な結婚式・披露宴をトータルプロデュースするお仕事です。

 

「ブライダルプロデューサー」「ブライダルプランナー」とも呼ばれ、式当日まで、新郎・新婦と何度も打ち合わせを重ね、予算・日程・衣装・料理・挙式スタイルなどを決定していきます。

 

ウェディングプランナーの仕事は、大きく下記3つのステップに分けられます。

 

提案・営業

結婚式場を訪れたカップルに、どのような結婚式を挙げたいのか、予算や要望などを丁寧にヒアリングし、魅力的なプランを提案します。

 

打ち合わせ・事前準備

新郎・新婦の要望をヒアリングながら、式場・日程・披露宴の演出・料理・BGMなどを決定、当日の式まで万全の準備を整えます。

 

式当日

当日は、会場の脇で全体の流れをチェックしながら、式がスムーズに進行するように関連部署や各スタッフへ指示出しをおこないます。

 

結婚指輪画像

そして、長い長い準備期間を経て無事に式が終了。

 

ウェディングプランナーの仕事は、表向きは華やかに見えますが、決して楽な仕事ばかりではありません。

 

しかし、新郎・新婦のお二人と最高の幸せを共に作り上げる喜びは、何事にも代えがたいやりがいのある仕事だと言えるでしょう。

 

ウェディングプランナーになるには?

 

チャペル画像

「ウェディングプランナーになるには資格が必要なの?」

 

こんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

結論から言うと、ウェディングプランナーは資格が無くてもなれます。

 

しかし、これはあくまで法律上の話。

 

ウェディングプランナーを志望する女性は非常に多く、業界動向を見ていると、年々競争率は高くなっています。

 

求人募集などでも、ほとんどの式場・ホテルで「経験者優遇」「資格保有者優遇」と書かれていますので、よほどの理由が無い限り、資格を取得しておくことをおすすめします。

 

資格を取得するメリット

事前に資格を取得しておくことで、以下のメリットがあります。

 

就職する際に圧倒的に有利
就職後、即戦力として活躍できる
就職後、スキルアップがしやすい

 

また、実績豊富なスクール(通信・通学)では、修了後に無償で「就職支援サポート」が受けられます。

 

専任コンサルタントが、一般の求人サイトやハローワークには出回らない「優良求人」を優先的に斡旋してくれるので、資格取得後、即現場に出て活躍したい、と考えている方にとって非常に心強いでしょう。

 

業界内で知名度の高いスクールには、それだけ待遇の良い求人情報がたくさん集まってきます。

 

事前に各スクールの資料を取り寄せれば、修了生の就職データなども全て掲載されていますので、講座を選ぶ際にはとても参考になりますよ♪

 

失敗しない!人気講座はどれ?

ブライダルキャプチャ

ロゴ画像
「ブラッシュアップ学び」は、ウェディング・ブライダル関連の講座掲載数No,1のスクール専門サイトです。たくさんある講座を一覧比較&まとめて資料請求ができるので大変便利です。資料には講座内容や料金だけでなく、業界の動向、修了生の就職状況や体験談などが写真や図解付きで豊富に掲載されており、パラパラと眺めてみるだけでも新しい発見があり楽しいですよ♪

 

詳細ボタン

 

おすすめの資格は?

ウェディングプランナー関連の資格は複数あり、どれを取得すべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

ABC協会ブライダルプランナー画像

資格は大きく、海外の団体が認定する「国際資格」、日本の団体が認定する「国内資格」の2つに分けられますが、その中でも「ABC協会認定ブライダルプランナー検定」(国際資格)が、国内外問わず知名度・信頼性ともに高い資格となります。

 

迷った際は、まずはABC協会認定ブライダルプランナー検定を取得することをおすすめします。

 

ABC協会認定 ブライダルプランナー検定

特徴

ABC協会(全米ブライダルコンサルタント協会)認定ブライダルプランナー検定は、国内外で最大規模の知名度を誇り、欧米を中心に活躍するプランナーはもちろん、日本で活躍する著名なプランナーの保有率も最も高い歴史ある資格です。

 

試験概要
団体 全米ブライダルコンサルタント協会
資格 ブライダルプランナー検定1級&2級
試験 マークシート方式、一部記述式
受験料 15,000円(1級)、10,000円(2級)
受験資格 特になし
出題範囲

「The Business of Japanese Weddings」(公式テキスト)

出題内容 日本の神前・教会挙式の基礎知識、欧米ウェディングの体系的な流れ、コーディネート知識、接客応対など
合格基準 正答率7割以上

 

資格は独学で取得できる?

資格取得を目指す際、一般的な学習方法は以下3パターンになります。

 

スクールに通い学習する
通信講座を利用して自宅で学習する
テキストを購入して独学で学習する

 

勉強画像

結論からお伝えすると、資格取得を目指すうえで、独学はあまりおすすめできません。

 

なぜなら、過去3年間(2013年・2014年・2015年)の検定合格者の割合を見てみると、実に80%以上の方が、スクールもしくは通信講座を利用して合格した、と答えているからです。

 

この統計から、講座を活用した方が明らかに学習効率の良いことが分かります。

 

また独学の場合、それぞれのスクールで提供している「就・転職支援サポート」が受けられないため、仮に試験に合格できたとしても、次は自力で就職先を探さなければなりません。

 

ウェディングプランナーは、非常に倍率の高い人気の職業です。

 

実績豊富なスクールには、企業(ホテル・式場・関連会社など)から直接求人情報が届くため、ハローワークや求人サイトには掲載されない「優良求人」を個別に斡旋して貰える大きなメリットがあります。

 

最近では安価で学べる通信講座も増えています。特別な理由が無い限りは、講座を受講して学習するのが賢い選択だと言えるでしょう。

 

失敗しない!講座を選ぶポイント

修了生の就職実績

ブライダル業界への就・転職を希望する方は、スクールの「就職支援サポート」の充実度は必ず確認しましょう。

 

学習スタイル

通学制のスクール以外にも、夜間コースや週末コース、また自宅で学べる通信講座など学び方はさまざまです。自分のライフスタイルに合った学習形態を選びましょう。

 

取得できる資格

講座によって取得できる資格は異なります。自分のビジョンを明確にし、それに合った講座を選ぶことが大切です。

 

受講料金

価格が高いにも関わらず合格実績が低かったり、同様のカリキュラムで同じ資格が取得できるのに2〜3倍以上の価格差があるケースもあります。料金比較は必ず行いましょう。

 

合格保障の有・無

定められた学習期間内に合格が出来なかった場合でも、無償で添削やサポートを行ってくれる講座を選びましょう。

 

体験授業・説明会の参加

まずは各スクールの資料を請求し、中身をよく確認して下さい。その中で、お気に入りのスクールを2〜3つくらいに絞り、実際に無料の体験授業に参加してみましょう。

 

ネットや資料では確認できない実際の授業の雰囲気・生徒の様子・講師の指導方法などを事前に体験することで、失敗するリスクを大幅に減らすことができます。

 

講座を比較する際に便利!

ブライダルキャプチャ

ロゴ画像
「ブラッシュアップ学び」は、年間10万人以上が利用する講座比較サイトです。ブライダル関連の講座を一覧比較&一括資料請求ができるので大変便利です。ウェディングプランナーに関する講座は複数の会社で開催されており、取得できる資格・カリキュラム・料金などがそれぞれ異なります。後悔することの無いように事前に比較をしたうえで申し込むことをおすすめします。

 

詳細ボタン

 

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

ウェディング(ブライダル)プランナーの資格と言っても、実はいろいろな種類があります。その種類たちの中から「これ」と思うものを取得することが先につながりますが、もし海外ウェディングを手掛けるウェディングプランナーを目指すのであれば「ABC協会認定ブライダルプランナー」をお勧めします。この資格は日本のみならず海外ウェディングにも対応できる知識を得ることが可能なので、ワールドワイドなウェディングプランナーを目指したいと考えている人にオススメです。アメリカでも権威がある資格として良く知られていますので、取得しておくだけで信頼度が違いますよ。【養成学校に行って学ぶ】前述の通り、ウェディング(ブライダル)プランナーになるには、必ずしも資格を必要としません。なので、学校にって勉強をすることが必須でもないのですが、やはり専門学校や短大・大学でウェディングプランナーについて学ぶことは就職に有利に働きます。養成学校では机の勉強だけでなく実際に実践もして学んでいきますので、ウェディングプランナーに必要なマナーや言葉遣いと言った基礎が身につくというメリットも。入社してからこれを1から学ぶより、即戦力になる「既に身についている人」を業界は欲しがる傾向がありますので、それだけで就職はだいぶ有利になるはずです。もちろん、資格も取得可能。また、こういった専門学校にはブライダル業界から求人もたくさんきますので、「いい就職先を見つけやすい」ということもお勧めしたい理由の一つですね。もし、「将来的にウェディングプランナーになりたい」という強い願いを持っている人なら、専門学校をはじめとする養成学校に通ってみることも視野にいれておいてはいかがでしょうか。