ウェディングプランナーになるには|おすすめの本&参考書は?

ウェディングプランナーになりたい!と考えておられる方に、おすすめの本や参考書などをご紹介していきます。

 

あくまでも個人的に選ばせていただいたものですので、参考程度にご覧ください。

 

ウェディングプランナーになるためにおすすめの本や参考書は?

ウェディングプランナーになるためにおすすめとなる本や参考書として、以下のものをご紹介します。

 

世界一素敵なウェディングシーンのつくり方

こちらは、ハワイで人気となっているウェディングプランナーの小林直子さんが手がけられたウェディングについての本となっています。

 

演出から分かりやすいプランニングの説明まで記載されていますので、ウェディングプランナーになる前に見ておきたい本とも言えます。

 

今の日本の結婚式というのは、とても多様化してきています。

 

それに伴い、日本ではあまり有名ではない結婚式の演出などが人気となっているとされています。

 

日本にはない、海外の結婚式などに憧れているというカップルの方もおられますので、そのような方にもプランニングできるよう、このような本はとても参考になるのではないでしょうか。

 

カップルの個性を引き立てるような結婚式となるようなプランニングを学ぶ事が出来ます。

 

ブライダルのお仕事 (GEIBUN MOOKS)

こちらの本は、ブライダル業界に就職したい、ウェディングプランナーになりたいという想いがある方におすすめの本となっています。

 

働くことについて、プランナーについてなど、とても分かりやすく記載されています。

 

この本を製作している方々は、現場経験を持ち、日々ブライダル業界で活躍されている方々ですので、説得力もあります。

 

仕事のことだけではなく、就職活動についても記載されていますので、ぜひ読んで頂きたい本です。

 

ABC協会認定ブライダルプランナー検定試験公式問題集

こちらは、ABC協会が認定しているブライダルプランナー検定の問題集となります。

 

公式サイトより購入が可能となっており、ABC協会認定ブライダルプランナー検定の2級・1級の過去問題集が販売されています。

 

この検定では受験資格が特になく、どなたでも受験できるということで、この問題集を使用して学習することもおすすめです。