どんな人がウェディングプランナーに向いているの?

マナーやルールを徹底できるかどうか

まず、適性の前に「ウェディングプランナーとは、恐らくあらゆる仕事の中で最上級のマナーを課せられる仕事である」ということを頭に入れておかなければなりません。

 

どんなにフランクな結婚式であっても、それは人の人生の節目を祝うとても大切なもの。その場を提供するウェディングプランナーだからこそ、高いレベルの接客をこなしていかなければならないという事情があることを忘れてはいけないのです。

 

最上級のおもてなしをすることが、カップルひいてはゲストに対する「おめでとう」の気持ちであるということを、心に刻まなくてはなりません。

 

これはウェディングプランナーとして最低限のスキルとなりますので、頭に入れておきましょう。

 

誰かと一緒に喜びを共有することができる人

ウェディングプランナーは、カップルと一緒に結婚式を作り上げる仕事です。だからこそ、誰かと一緒にひとつの目的のために話し合い、一緒に喜びを感じることに楽しみを覚える人が向いていますね。

 

カップルのためにその日のために準備をし、そして精いっぱいがんばりたいと考えられる人が向いています。

 

カップルの多くは「自分たちと同じ温度で結婚式のことを考えてくれるウェディングプランナーにお願いしたい」と考えていますので、そういった人がこの業界に入ることは喜ばれるでしょう。

 

色々な引き出しを持ってのプラニング

ウェディングプランナーは、色々な引き出しを持ってカップルにプランを提案していかなければなりません。

 

ただでさえ今の結婚式は予算が低くなっていますので、予算の範囲でできる限りカップルの理想の結婚式を作り上げるために、アイディアをひねり出していかなければなりません。

 

そのためには常に勉強をすること、そして「どうしたらカップルの夢を叶えられるのか」をしっかり考える力が必要になります。それを手に入れるために努力できる人がウェディングプランナーに向いている人です。

 

冷静に対応する力

結婚式と言う大切な場を作り上げるために、どうしてもクレームを受けてしまう場面も出てきます。どんなに丁寧に対応しても、ちょっとした行き違いなどでどうしても避けられないことは出てくるもの。

 

こういうときでも冷静に対処することができ、またもう一度頑張ろうと思える力がウェディングプランナーには必要不可欠なものとなります。

 

これはウェディングプランナーに限らず、接客業全体に求められる力ですね。

 

自分の結婚式場を愛すること

カップルに結婚式を挙げてもらうためには、まず「こういう結婚式場で、こういうプランを用意しています」とアピールしなければなりません。

 

そのためにはまず、誰よりも自分が働く結婚式場のいいところを知っていること、プランに自信を持つことが必要になるのではないでしょうか。自信をもってすすめないプランナーと契約をしようとする人はいません。

 

働いている結婚式場の魅力を誰よりも理解して、かつそれを人に勧められる営業力がある人がウェディングプランナーには求められます。