ウェディングプランナーの資格について

ウェディングプランナーの仕事については資格が必ず必要であるというわけではありません。資格がなかったとしても、就職してウェディングプランナーとして活躍している人はたくさんいます。

 

ただ、ウェディングプランナーの仕事と言うのは「カップルの理想の結婚式を挙げるためのお手伝いをする」という特別な仕事ですので、学生の間に接客の基本や「どんな仕事なのか」の基本をおさえておくことは大事なことになるでしょう。

 

また、専門学校などでウェディングプランナーの資格を取った方が就職には有利。中には大学や短大ででウェディングプランナーの資格を取得可能なところもありますので、「将来はウェディングプランナーになって活躍したい」と考えている人は最初から資格をとることを目指した方が就職はしやすいです。

 

特に「ここで働きたい」という明確な目標がある人は、資格をとっておくことでライバルに差をつけることができるでしょう。

 

資格にも種類がある

ウェディングプランナーの資格にはいくつかの種類があります。どの資格を目指すかで、どういった準備をするかも違ってきますので注意しましょう。

 

全米ブライダルコンサルタント協会(ABC協会)認定資格

アメリカにあるウェディングプランナー認定を行っている団体の日本オフィスが認定している資格のこと。実務経験がまったくない、あるいはあったとしても2年以内の人を対象に実施されています。これといった受験資格がないことから誰でも受けることができる試験でもあり、就職を有利にしたいと考える人が受験することが多いようです。

 

日本ブライダル事業振興会(BIA)認定資格

こちらも、日本では大変に有名なウェディングプランナーの資格になります。BIAは積極的にウェディングプランナー養成のための講座を行っており、ウェディングプランナーになりたいと考えている人にとって非常に心強い存在。そんなBIAが主催する「イントロダクション トゥ ブライダルコーディネーター(IBC検定)」について、ご紹介します。

 

イントロダクション トゥ ブライダルコーディネーター(IBC検定)とは

「指定校制」をとっているため、BIAが定めた指定校に通って単位を修了することが資格取得のための条件になります。

 

★BIA指定校(2015年4月現在)
BBA(東京・大阪)
SBCブライダルアカデミー(宮城)
クロウ・アップ・カレッジ(長野)
ヴィーナスアカデミー(東京)
フラワーサロンミキ ートスクール(東京・大阪)
オフィース・マリアージュ プライベートスクール(東京)
東京観光専門学校(東京)
大阪観光専門学校(大阪)

 

これらのカリキュラムを受講し、修了した上で試験を受け、合格すれば資格取得となります。試験内容は以下の通り。
○ペーパーテスト
○プレゼンテーションテスト
論文・面接・面談が行われます。IBAには他にもウェディングプランナー関連の資格がありますので、用途に応じて「どの資格取得を目指すか」を考えてみるといいでしょう。

 

ウェディングスビューティフルジャパン

ウェディングスビューティフルジャパンでは、以下の認定試験を実施。

 

WB「認定エグゼクティブインストラクター(CEI)」

→ブライダル業界で活躍する人材を育てるために活躍するプロ

 

WBJ「認定ドレスコーディネーター」

ウエディングドレスやカラードレスに関する知識、そしてそれにかかわるレンタルの知識などについて、一定の知識を持っていることを認める資格です。ドレスだけでなく、花やメイクと言ったトータルの知識について認定を行います。

 

WBJ「認定ウェディングプランナー」

現代のウェディング事情を知るには、やはりこれまで日本がたどってきたウェディングの歴史について知らなければなりません。そんな日本のウェディングの土台について学び、ウェディングプランナーとしての仕事を理解するための資格認定がこのプランです。

 

WBW「認定ウェディングスペシャリスト(CWS)」

→ブライダルに関するビジネスの仕組みについて網羅している資格です。単にブライダルとは何か?というだけでなく、ブライダルという業界に必要なコミュニケーション能力や言語について、またウエディングに関わるすべての人が知っておかなければならない「結婚式を挙げるカップルの気持ち」なども網羅しています。

 

WB「認定スリースターメンバー」

WBで認定をおこなっている3つの資格を取得した人が認定されるもの