ウェディングプランナーの資格|通信教育ではどんなことを学ぶ?

ウェディングプランナーの資格を取得する方法として、通信教育で取得するというものがあります。

 

この場合、どのような内容を学ぶことができるのか、気になるのではないでしょうか。

 

そこで、ウェディングプランナーの資格を取得するための通信教育では、どのような内容を学ぶのかご紹介していきます。

 

通信教育ではどのような事を学ぶの?

ウェディングプランナーの資格を取得するために、通信教育という方法を選択される方は多くおられます。

 

社会人の方や主婦の方、学生の方などであれば、時間に自由が利く通信教育はとても便利に感じられるのではないでしょうか。

 

ウェディングプランナーの仕事は、お客様と向き合いお話をしていく中で仕事を進めていきます。

 

そのため、通信教育で資格を取得したとしても、実践的な部分に不安が残ると思われるかもしれません。

 

ですが、通信教育では、そのような点を補うために、テキストだけではなく、映像での学習ができるようになっていることが多いのです。

 

まず、通信教育の多くは、テキストでの学習に加え、DVDでの学習なども取り入れられています。

 

通信講座では自分が理解することが難しいという場合、通学講座への編入も可能となっているところもあります。

 

接客テクニック、婚礼に必要となる基礎知識、具体的な打ち合わせの流れなど、ウェディングプランナーとして仕事をしていく上で必要となる様々な内容を学ぶ事が出来ます。

 

キャリアカレッジジャパンのウェディングプランナー資格取得講座を例にとって見てみましょう。

 

ブライダルの定義やブライダルの歴史だけではなく、日本のブライダル習慣や西洋のブライダル習慣などを学びます。

 

結婚式会場やウェディングプランナーとして働いた際の一日の流れ、コミュニケーションスキルやプレゼンテーションスキル、そして、苦情処理の姿勢などについても含まれて居ます。

 

料理や会場の設営、写真、衣装、ヘアメイクなどについても学ぶ事が出来ますので、ウェディングプランナーとして活躍するために十分な内容となっています。

 

なんといってもDVDでの映像講義は必見で、現役のウェディングプランナーが講師として解説を行っています。

 

挙式や披露宴当日の仕事現場も収録されていますし、楽しく学ぶ事が出来る様になっています。