BIA認定「ブライダルコーディネーター」とは?

BIA(公益社団法人 日本ブライダル文化振興協会)では、ブライダル業界で働きたいという方を対象に、基礎知識や業務の専門知識などを証明するための検定を実施しています。

 

実施されている検定にはいくつか種類があるのですが、今回はブライダルコーディネーターについてご紹介していきたいと思います。

 

この資格は、一体どのような資格なのでしょうか。

 

ブライダルコーディネーターってなに?

ホテルや結婚式場、ブライダル教育関係者、専門技術を提供する事業者など、婚礼企業のキャリアアップに必要となるものを身につけます。

 

知識力や判断力、創造力、表現力、伝達力、組織力などを身につけ、お客様と企業のどちらからも信頼され、モチベーションをあげることが出来る組織のエースをつくることを目的としています。

 

多くの成功事例を取り入れ、営業現場から管理職までに不可欠となる勝利の方程式を身につけるものとなっています。

 

ブライダルコーディネーターとして認定されるためには、BIAが行っているブライダルコーディネーター養成講座を受講し、修了することが必要になります。

 

講座修了後にも、同窓会などを行い、情報を交換したりするようです。

 

BIAによるバックアップや、ブライダルコーディネーター向けの情報を発行、ネットによる情報交流なども推進されています。

 

講座の中に終了試験があり、講座で集中して学んでおくことが重要になります。

 

この養成講座は、これまでの受講者を対象にアンケート調査を行い、要望などを取り入れて毎年改善され、カリキュラムが組まれています。

 

一つのテーマや同業他社の人と一緒に考えていくグループワークやプレインストーミング、交流会などを組み込んでいることも特徴です。

 

定員は先着100名となっており、全32講座、約53時間の履修となります。

 

講師は人材育成委員会が選任したブライダル業界一流の講師陣となっていますので、講義内容にも注目したいところです。

 

100名までとなっていますので、気になる方は早めに申し込むようにしてくださいね。

 

申し込みは、公式サイトより行えるようになっています。

 

BIA会員企業や団体の場合、150,000円となり、非会員企業の場合には210,000円となっています。