ウェディングプランナーのやりがいとは?

人生最高の幸せを、一緒に作り上げる喜び

ウェディングプランナーのやりがいのひとつに、「人生最高の一日をつくりあげるよろこび」があります。結婚式というのは、特に女性にとっては大きな意味を持つもの。小さな時に、白いウェディングドレスにあこがれた女性は決して少なくないはずです。

 

また、結婚式と言うのは新しい人生の門出であり、これまで育ててくれた両親や親族にお礼とあいさつを伝える場でもありますので、そういった「人生の大きな節目」を作り上げるお手伝いをするというのは、本当に大きなやりがいを感じることができるはずです。

 

ウェディングプランナーの仕事は時に大変さを感じることもありますが、それでも多くの人が充実した仕事をしており「大変だけれどやりがいも大きい仕事である」ということは間違いありません。

 

人生の門出をお祝いするお仕事と言うのは、やはり得る喜びも非常に大きいもの。だからこそ、今はウェディングプランナーになりたいと考えている人が多いのでしょう。

 

どんなに時代が流れても、まず結婚式がなくなるということはありません。それを踏まえても、ウェディングプランナーの基本的な役割は今後もずっと変わらないと考えて良さそうです。

 

現代のウェディングプランナーに求められるもの

昔と違って、今の結婚式は「小規模・少人数制・予算も少なめ」のものが主流になってきています。不景気で右肩上がりのお給料が期待できなくなったことから、結婚式にお金をかけるよりはその後の新婚生活にかけたいと考える人が多いのでしょう。

 

しかし、演出などにはこだわりたいというカップルが多いので「少ない予算でいかにカップルの希望に沿った結婚式を挙げるか」を考えなければなりません。いわば、それがウェディングプランナーの腕のみせどころです。

 

非常にハードルが高い要求ですが、それをこなしてカップルが幸せそうな笑顔をみせてくれた時には、最大級の幸せを感じることができるでしょう。

 

人を幸せにする仕事は、難しいことをこなすことが多くなるぶん感動も大きいもの。ウェディングプランナーを目指す人がどうして多いのかが、なんとなくわかりますよね。