ウェディングプランナーの就転職先はどんなところがある?

基本は結婚式場

まず、ウェディングプランナーの基本的な就職先は「結婚式場」になります。

 

結婚式場には大小あわせて色々なところがありますが、どれもウェディングプランナーが結婚式を仕切ることになりますので、ここへの就職を考える人は少なくありません。

 

どの結婚式場かにもよりますが、結婚式場のウェディングプランナーの場合は一人のプランナーが打ち合わせ〜結婚式当日まで面倒を見るという形ではなく、最初の式場案内や打ち合わせなど段階を踏むごとに担当が変わるという形式をとっていることが多いそう。

 

その分野に特化したスペシャリストが対応するということですね。

 

結婚式場はなんといっても「結婚式を挙げるための場所」になりますので、カップルが「やりたい」と思うことはなんでもできるといった魅力も。やりがいの大きさを目指す人にオススメの就職先です。

 

ホテルでも募集が行われているケースが

また、ウェディングプランナーはホテルでも募集が行われています。

 

結婚式のみを取り扱う結婚式場とは異なり、ホテルの場合は宿泊施設という役割もあるため、ウェディングプランナーであっても「ホテル業務に関する知識や実践能力を求められる」というケースも。単に結婚式の仕事だけをすればいいという場ではないため、より高い学びの力が必要になります。

 

ホテルウェディングの場合はレストランウェディングが行われることもあるため、よりアットホームな結婚式づくりを楽しめる可能性もありますね。

 

海外ウェディングを担当するために海外へ

日本国内のみならず、海外での結婚式を担当するウェディングプランナーになるという道もあります。海外で挙式をしたいと考えているカップルは少なくなく、こういう場合は現地で日本語が堪能なウェディングプランナーがお手伝いをすることも。

 

言葉が通じない海外で、日本語が通じるウェディングプランナーはカップルにとって非常に心強いものになるでしょう。

 

また、一部では日本のブライダル関連企業が中国での結婚式をプロデュースしているという報道もありました。もしかすると、海外で外国人向けに結婚式のプロデュースをするウエディングプランナーも今後増えていくかもしれませんね。