ブライダルフラワーコーディネーターになるには?

花というのは、あらゆる場面で私達を癒してくれるものです。

 

この花は、結婚式や披露宴などでも、欠かす事ができない重要なアイテムとなります。

 

ブライダルフラワーコーディネーターは、結婚式や披露宴などで飾られる花について、コーディネートしていく仕事となります。

 

このブライダルフラワーコーディネーターになるためには、どうすればいいのでしょうか。

 

なるにはどうすればいいの?

ブライダルフラワーコーディネーターになるためには、以下のような方法があります。

 

・ブライダルフラワーコーディネーターの検定試験を受検する
・専門学校でフラワーコーディネーターについて学ぶ
・フラワーショップなどで花についての知識を身につけつつ、転職する

 

など、このような方法が挙げられます。

 

ブライダルフラワーコーディネーターの仕事は、ただ花を飾るという仕事ではありません。

 

披露宴や挙式などの会場の雰囲気や、花嫁・花婿の衣装とのバランス、好み、要望、予算などなど、様々な点について考えながらコーディネートしていく必要があるのです。

 

花というのはデリケートなもので、季節によってお手入れ方法が異なるものが多くあります。

 

花に対してのセンスや知識、手入れの技術など、多くのことが求められる仕事となっています。

 

そのため、無資格の状態で就職しようとするのではなく、専門学校で学んだり、検定試験を受検したりして、知識や技術を身につけておくことが大切です。

 

自分で花を仕入れに行ったりすることもありますので、とにかく花が好きだという方であれば楽しい仕事となるでしょう。

 

また、接客業となりますので、花嫁・花婿の要望を受け入れつつ、全体のバランスを考慮したコーディネートを楽しむ事が出来る方に、おすすめの仕事となります。

 

ホテルやブライダル企業などで活躍していくことが出来ますので、そのような場所でアルバイトとして働いてみたりすることによって、フラワーコーディネーターの仕事を見ておくこともおすすめです。

 

アルバイトのうちからセンスや知識などを磨いていけば、実際に就職した際には周りとは違う提案が出来る様になるのではないでしょうか。