ウェディングプランナー|フリーランスとして働くには?

ウェディングプランナーとして活躍されている方は多くおられます。

 

ですが、その全ての方が、大手ウェディングプロデュースの会社に所属しておられるわけではありません。

 

実は、自分のアイディアなどをさらに自由に取り入れるためにも、フリーランスとして働いておられる方も多いのです。

 

このフリーランスのウェディングプランナーとして働くためには、どうすればいいのでしょうか。

 

フリーランスのウェディングプランナー

ウェディングプランナーとして活躍されている方の中には、フリーランスの方がおられます。

 

フリーランスとして働くことを決断される理由には、様々なものがあります。

 

例えば、収入をもっと増やしたいという理由や、もっと自由にアイディアを取り入れたいという理由が挙げられます。

 

フリーランスとして活躍するためには、人脈や人望、経験などが必要となります。

 

そのような点を満たした上で、さらに活躍の場を広げようとされる方が、フリーランスとして働かれることが多くなっています。

 

フリーランスとして働くためにはどうすればいいの?

フリーランスとしてウェディングプランナーの仕事をしようとしても、いきなり独立するというのは難しい話です。

 

というのも、ブライダル関連の企業に所属している間は、しっかりとある程度の収入が保証されていますし、失敗をしても他の方からのフォローを受け、経験などもその中で積んでいく事が出来ます。

 

つまり、働いていく上での安心材料が揃っているという状態なのです。

 

ですが、フリーランスとして独立すると、自分ひとりの実力が試される事になります。

 

提案力やアイディア、相談に応じるスキル、コミュニケーションスキル、苦情への対応など、全てが自分にかかってくるものです。

 

そのため、多くの経験を積み、自信をもって働けるようになるまでは、フリーランスとして独立すべきではないとも言えます。

 

フリーランスとして働きたい場合には、まずはブライダル業界で多くの経験を積み、失敗も経験してから独立するということが重要です。

 

お客様に満足していただけるような、世界で一つだけの結婚式をプロデュースできるような、そんなフリーウェディングプランナーを目指したいところです。