高卒でウェディングプランナーになるには?

ウェディングプランナーになりたいという夢があるものの、学歴を気にして諦めているという方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、ウェディングプランナーになるために必要な学歴などはなく、やる気と知識と努力があればウェディングプランナーとして働く事が出来るのです。

 

大卒・高卒・専門学校・短大卒といったように、様々な学歴の方が働いている業界なので、この辺りは気にする必要はありません。

 

では、高卒の場合には、具体的にどうすればウェディングプランナーになれるのでしょうか。

 

学歴以外の部分が重視されます

ウェディング業界では、学歴が特に問われないため、他の部分が重視される傾向にあります。

 

例えば、即戦力になれる方、経験がある方、マナーがある方、コミュニケーション能力がある方などが有利となります。

 

つまり、学歴よりも人間性が見られるということになります。

 

資格の重要性

ただ、やはり資格を取得していることは大きな強みとなります。

 

知識や技術などがあることを証明することが出来ますし、努力の結果を証明できるためです。

 

お客様との関わりの中で、ブライダルの知識が欠如しているようでは、仕事にはなりません。

 

お客様との信頼関係を築く事すら危うくなってしまいます。

 

そのような意味では、ブライダル関連の資格を取得しておくことがおすすめです。

 

学歴や年齢など受験資格が特にない試験として、ABC協会認定のブライダルプランナー検定があります。

 

このような検定を受検し、しっかりと学んでから就職活動を行う事が大切です。

 

就職してからはしっかりと経験を積む

就職先が決まれば、そこからしっかりと経験を積み、プランナーとして成長していくことが大切になります。

 

多くの新郎新婦様の依頼を担当させてもらえるようになる頃には、初めとは比べ物にならないほど成長しているのではないでしょうか。

 

成長していると感じて満足するのではなく、自分の感性を高めるために日々努力したり、新しい提案が出来るように勉強したりすることも大切です。

 

ウェディングプランナーになれたからそこで終了!というわけではありませんので、その点だけは覚えておいていただけたらと思います。