ウェディングプランナーの資格を取得するには?

資格と言っても色々な種類がある

ウェディングプランナーは基本的に「国家資格ではない」ので、資格がなくても就職して働くこと自体は可能です。でも、最近はウェディングプランナーの仕事の人気が高まってきているため、「ウェディングプランナーになりたい」と考えている人の多くは資格取得を目指すことが多いです。

 

資格を取得しているということは、ウエディング業界に関して一定の知識を持っていることになりますので、就職の際に相手へのアピールがしやすくなるというメリットがあります。

 

また、自分自身も働く前に「ウェディングプランナーとはどんな仕事なのか」の基本を知ることができますので、いざ仕事!となった時に入りやすいということもありますね。

 

では、どんな方法で取得できるのかを考えていきましょう。

 

スクールに通って資格を取得する

まず一般的なのが、ウェディングプランナー養成学校に通って資格を取得するという方法です。

 

大学や短大、専門学校にはウェディングプランナーの授業を行っているところがありますので、ここで「ウェディングプランナーとはなんたるか」を学び、試験を受けてウェディングプランナーになるという方法が一般的ですね。

 

ただ、どの学校をでたかによってどのウェディングプランナー資格を取得できるかも変わってくることもあるので、その学校がどの資格を推奨しているのかを調べておくことが必要です。

 

いろんな資格がありますが、ウェディングプランナーの資格の中では、「ABC協会 ブライダルプランナー」「日本ブライダル振興協会(BIA)認定資格」が良く知られる資格と言われています。

 

しかし、やはり自分でいろいろな資格を調べてみて「これがいい」と思えるものを取得するのがいちばんいいでしょう。

 

短期集中講座なども

ウェディングプランナーの資格の中には、短期集中講座を実施しているところもあります。

 

数日間集中的に勉強をして知識を身に着け試験合格を狙う講座になりますので、「短期で試験合格のためのノウハウを身に着けたい」という人にオススメ。

 

転職してウェディングプランナーになりたいと考えている人などは、短期集中講座を受けて試験に臨まれるといいかもしれません。仕事をしながらでも十分に通うことができますよ。

 

仕事が忙しい人には通信講座がオススメ

もし「仕事が忙しくて講座や学校に通うことが難しい」という人がいれば、通信講座という手があります。通信講座であれば自宅で勉強をすることができますので、仕事をしている人でも無理なく資格取得を目指せるでしょう。

 

自分のペースで勉強をしたいと考えている人は、通信講座を選ばれることをお勧めします。大手の通信講座でも手軽な価格でウェディングプランナーの通信講座を行っていますので、ぜひとも利用をしてみてください。