ウェディングプランナーの求人状況は?

ウェディング業界の多様化

まず、最近のウェディング業界は多様化しています。

 

以前は結婚式場やホテルが会場として人気を集めていましたが、今は不景気から「低予算で小規模の結婚式が求められている」ということもあり、結婚式のあり方は多様化しています。

 

例えば、最近は少人数でアットホームな雰囲気の中で挙式することができる「レストランウェディング」が人気ですし、まるで自宅で結婚式を開いている様な「ゲストハウスウェディング」、庭で式を挙げる「ガーデンウェディング」など、結婚式の形には本当にいろいろなものがありますよね。

 

この様に結婚式の多様化が進んでいるということは、それだけ式場の数も増えているということ。ウェディングプランナーが活躍する場自体は数が多くなっていると考えて良いでしょう。

 

もしあなたがウェディングプランナーになりたいと考えるなら、そのチャンスは十分にあります。

 

しかし、ウェディングプランナー自体の人気も高い

とはいえ、ウェディングプランナーという職業自体の人気も高いですから、きちんと資格をとるなりブライダル業界への知識を積むなりしないとまず受かりません。

 

どんな仕事でもそうですが、やはり今は「即戦力」が求められる時代であり、入社してすぐでもある程度動ける人材が必要とされています。就職する際のアピールにもなりますので、ある程度は勉強をしてきていると言える何かがあった方がいいでしょう。

 

年齢に関してはさまざま

ウェディングプランナーに関しては、わりと年齢も幅広く募集があるようです。

 

もちろん経験者は優遇されますので、中高年であっても経験者であれば50歳くらいまで可とされていることもあるそう。もちろん、これも「できるだけこの業界のことを知っている経験者がほしい」ということに通じるのでしょう。

 

また、ウェディングプランナーのような仕事は「若い女性よりも、ある程度年齢を重ねていて頼りがいのある女性の方が顧客も安心しやすい」ということがあるようで、意外に幅広い年齢の求人があることもあります。

 

「私はもう若くないから…」などとお悩みの方、あなたのような人材をブライダル業界は求めています!探せば必ず自分を必要としてくれる求人に出会うことができますので、あきらめずにコツコツと求人をさがしてみてくださいね。