一般的な資格の取得期間はどのくらい?-ウェディングプランナーになるには

どの資格を目指すかによって異なる取得期間

学生なら十分な時間をとって学校に通い、資格取得のために学ぶことも可能ですが、社会人が途中からウェディングプランナーを目指す場合は仕事と資格取得のための勉強を並行しなければなりません。

 

そうなると、やはり「できるだけ短い期間で取得できる資格を目指す」ということが重要になってきます。取得までに長い時間がかかってしまえば、それだけお金もかかりますからね。

 

ウェディングプランナーの資格は、その資格を認定している協会などによって「どのくらいで取得できるか」が違ってきます。もし短い期間での取得を目指す場合は、やはり短期でとれる資格を目指す必要が出てくるでしょう。

 

BIAの場合

日本でも非常に有名な「日本ブライダル文化振興協会(BIA)」で行われている「アシスタント・ブライダル・コーディネーター」の場合、受験できる条件として「ブライダル・ホテル・観光系専攻のBIA会員専門学校2年次修了予定者」であることが必要になります(BIA公式サイトより)。

 

つまり、この試験を受けるにはBIA認定校の指定の学課に2年間は通わなければならないということになります。

 

BIAは格式が高い資格とも言われていますので、やはり試験を受けるまでにもきちんと勉強をする必要があるということですね。

 

短期で取得できる資格もある

BIAの場合はまず「認定校に通わなければ試験を受ける資格すら得ることができない」という非常に高いハードルがあります。

 

ただウェディングプランナーに関する資格のすべてがこうであるということではなく、中には短期養成スクールなどもありますので、急ぐ方はこちらを利用されるという方法もあります。

 

例えば、「ABC協会認定ブライダルプランナー」の資格はわりと取得しやすいのではないでしょうか。ABC協会の母体はアメリカですが、日本を含めたアジアや世界各国で知られる非常に権威のある資格です。

 

このABC協会認定ブライダルプランナーの資格試験は「ヒューマンアカデミー」の講座にも組み込まれていますが、ヒューマンアカデミーをみると最短のコースが6か月となっていますので、このくらいの期間があれば合格のための知識を得ることができるということになります。

 

ヒューマンアカデミーでは通信講座もありますので、こちらを使って学ぶという方法もありますね。

 

また、「ウェディングス・ビューティフル」では学生向けに短期集中講座を行っています。WBJ認定ウェディングプランナーの資格試験のための知識を、なんと4日の集中コースで学ぶことが可能のようです。