ウェディングプランナーになるには|どんな資格が必要?

どのような仕事にも、それに合った資格があることが多くなっています。

 

それぞれ必須の資格となっていることもあれば、取得しなくても従事できるというものも存在しています。

 

では、ウェディングプランナーとして活躍していくためには、どんな資格が必要になるのでしょうか。

 

資格も学歴も特に必要ありません

ウェディングプランナーとして活躍していくためには、実は必須となる資格や学歴はありません。

 

そのため、大学や短大、専門学校などでブライダルの知識やスキルを身につけることが必須というわけでもないのです。

 

ただ、就職の際にはやはり関連する資格があるほうが有利となりますし、お客様との信頼関係を築く際にも役に立ちます。

 

さらに、自分がどの程度ブライダルの知識や技能があるのかということを証明することが出来るため、資格は取得しておくべきとも言えます。

 

もちろん資格よりも経験の方が重要と言われている部分がありますが、これは実際に働いてからの話となりますので、まずは資格取得を目指すことがおすすめです。

 

では、どのような資格を取得することが必要になるのでしょうか。

 

ABC協会認定のブライダルプランナー検定は取得すべき

ウェディングプランナーとして働きたいという方におすすめとなる資格は、ABC協会が認定しているブライダルプランナー検定です。

 

こちらは、欧米で活躍するプランナーが属している国際的に大きな規模の全米ブライダルコンサルタント協会(ABC)による試験となっています。

 

この検定は、実務経験がないという方や、経験が浅い方を対象としており、どちらかと言えば初心者向けの資格と言えます。

 

受験資格も特にないため、興味がある方であればどなたでも受験することが可能です。

 

こちらの検定には1級と2級があります。

 

2級では日本や欧米のブライダル知識を問う問題が出題され、1級では実務レベルの問題が多く出題されます。

 

過去問なども販売されていますので、しっかり勉強してから臨む事で、合格に繋げていく事ができます。