おすすめの資格はどれ?-ウェディングプランナーになるには

ウェディングプランナーの資格にはいろいろな種類がある

一言でウェディングプランナーの資格といっても、それには色々な種類があり、取得の方法もそれぞれ違います。

 

どの資格を取得するかで就職率が変わってくることも考えられますので、慎重に精査したうえで「どの資格を取得するのか」を考えていきましょう。

 

全米ブライダルコンサルタント協会・ブライダルプランナー検定

恐らく、今の日本で一番知名度が高いのが「全米ブライダルコンサルタント協会」が認定を行っているブライダルプランナー検定です。「ABC協会のウェディングプランナー検定」と言った方が、解りやすいかもしれませんね。

 

ABC協会のブライダルプランナー検定はアメリカ発の資格ですが、現在は欧米のみならずアジアでも検定が行われており、世界に通用する検定として知られるようになりました。

 

ABC協会のブライダルプランナー検定は、日本で行われているウェディングプランナーに関する講座の多くが取得の対象としている資格でもあります。

 

2級と1級がありますが、2級の合格率が約80パーセント・1級の合格率が60パーセントほどなのできちんと勉強をしておけば合格することができるでしょう。

 

受験資格が特になく、だれでも受験することができるのもこの資格が人気のポイントです。

 

日本ブライダル文化振興協会(BIA)認定資格

こちらも、日本では大変に良く知られるウェディングプランナー資格です。このBIAで行われている認定資格は、IBCをはじめとしてすべてが「認定校制」。

 

BIAが認定している学校の課程を修了することで、はじめて資格試験を受けることができるというものです。

 

学校で学んだことことをきちんと復習していれば十分に合格はねらえる資格ですが、この資格に関しては「資格を取得できる」というメリットもさることながら、実践を交えた学習をしてウェディングプランナーとしての資質を育てることができるという良さも。

 

より高いレベルのウェディングプランナーを目指したい人にオススメしたいですね。

 

日本で著名な資格はこの二つですが、もちろん他にもウェディングプランナー関連の資格はありますので、ぜひ自分に合った資格を探して受験を考えてみて下さい。

 

資格があるというだけで、やはり心強いと思える場面が出てくるはずです。