ウェディングプランナーの役割とは?

結婚式のトータルサポートをする存在

ウェディングプランナーは、結婚式に関わるすべてのことを行います。まず、結婚式場の見学に訪れるカップルに対して、式場の紹介やプランの説明をしていきます。

 

どういった式場があり、どんなプランが用意されているのかを説明することは、結婚式場を決めてもらうという意味でとても大切なお仕事になるでしょう。

 

このように、本当に「はじめの一歩」のところからウェディングプランナーは積極的にかかわっていきます。

 

式場が決まったあとは、カップルがどんな式を挙げたいかを聞いてプランを提案したり、式に必要な打ち合わせを行ったり、具体的に式を挙げるにはどうしたらいいのか?を組み立てていきます。

 

カップルは「こういう式がしたい」という理想を持っていますので、それを話し合いの上できちんとくみ取りながらプランを提案していかなければなりません。

 

時には「こういう案はいかがですか」と提案することも行い、カップルの式の準備を後押ししながら準備を進めていくことがウェディングプランナーの役割となります。

 

ここで必要とされるのは、やはりウェディングプランナーとして「いかにカップルに演出やプランを提案できるか」。

 

カップルは確かに結婚式に対する理想は持っていますが、それはとても漠然としたもので、どうすればその理想が完成するかが解らないということもありますよね。

 

そこで、ウェディングプランナーがアイディアを出して「こういうこともできますよ」とアドバイスをすることで、よりカップルの理想が実体化しやすくなります。

 

こういう手伝いをすることが、ウェディングプランナーの仕事になのです。まさに結婚式のプロデューサー的な役割ですね。

 

時には相談に乗ることも

結婚式と言うのは非常に大きなイベントだけあって、話し合いの段階でいろいろな不安や悩みが出てくるもの。カップルと一緒に結婚式をつくりあげるウェディングプランナーは、時にその不安をきき、前向きなアドバイスを求められることもあるでしょう。

 

「一緒にいい結婚式を作っていきましょう」という気持ちで、カップルの後押しをしていくこともウェディングプランナーの大切な役割になります。