資格取得後の進路にはどんなところがある?-ウェディングプランナーになるには

多様化する結婚式と共に

まず、最近の結婚式は「低予算・規模も小さめ」が特徴。以前はお金をたくさんかけたゴージャスな結婚式も多かったのですが、近年は不景気の影響からか「結婚式にはあまりお金をかけたくない、その分を家などにまわしたい」という人が増えています。

 

このため、結婚式にかけるお金自体は減っていますが、そのぶんバラエティにとんだ結婚式が増えており、レストランウェディングやゲストハウスウェディングなど、新しいタイプの式が見られるようになりました。

 

この結婚式の幅広さが、ウェディングプランナーのスタイルにも変化を与えているようです。

 

基本は結婚式場

ウェディングプランナーとしての就職先として、一番よく知られているのは「結婚式場」でしょう。規模が小さくなったとはいえ、今も昔も「結婚式と言えば、結婚式場」という図式が基本なのは変わりません。

 

今は「結婚式にかけられる予算は低いけれど、演出などはできるだけ取り入れたい」というカップルが増えているので、「少ない予算の範囲内で、カップルが希望する結婚式をどう演出するか」を考えられるウェディングプランナーがもとめられています。

 

結婚式場のウェディングプランナーの場合、最初にカップルにおこなう結婚式場の紹介から挙式まで一人が担当することもあれば、そうではなく分担して担当をすることもあります。

 

ホテルで活躍することも

結婚式は、結婚式場だけでなくホテルなどでも行われます。

 

ホテルはなんといっても宿泊施設なので、遠方からたくさんのお客さんを呼ぶ場合などは重宝される式場になりますね。

 

ホテルで働くウェディングプランナーの場合は、必ずしも結婚式関連の仕事ばかりに特化するわけではなくホテルの業務も並行しておこなわなければなりません。

 

また、仮に「ウェディングプランナーとして働きたい」という夢があって入社したとしても、そこに配属されない可能性もあるということを頭に入れておきましょう。

 

ブライダル関連企業

結婚式を扱う企業に就職して働くという手もあります。

 

最近は、ゲストハウスウェディングやレストランウェディングといったカジュアルな結婚式が増えてきているので、こういったところで働くウェディングプランナーの需要は高いです。今後も人気はつづくと考えて良いでしょう。

 

この様に、ウェディングプランナーが活躍できる場所は幅広くなっています。ぜひ、自分が一番活躍できそうな場所を選んでみてくださいね。