ウェディングプランナーに求められるスキルとは?

ウェディングプランナーは、とても華やかな世界でキラキラと輝ける仕事だと考えている方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、輝くのはプランナーではなく、新郎新婦様です。

 

ウェディングプランナーは、新郎新婦様が輝けるようにお手伝いをしていくため、様々なスキルが求められることになります。

 

大切な日をより輝かせるためには、想像以上に多くのスキルが必要となるのです。

 

では、具体的に、ウェディングプランナーにはどのようなスキルが求められるのでしょうか。

 

ウェディングプランナーに必須レベルのスキルはコレ!

どのような仕事にも、必須となるスキルは存在しています。

 

ウェディングプランナーにも、必須レベルになってくるスキルというものがあります。

 

一般的に想像できるスキルはもちろんのこと、意外に感じるスキルも含まれています。

 

・コミュニケーション能力
・営業力
・パソコンスキル
・接客マナー、接客スキル
・プランニングスキル

 

このようなスキルは、必須レベルとなります。

 

これらのスキルによって、ウェディングプランナーの質の高さを向上させ、新郎新婦様を輝かせることが出来るプランナーになりたいところです。

 

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は、どのような仕事でも必須になってくるものです。

 

ウェディングプランナーの場合には、特に”聴く力”が必要になります。

 

こうしたらいいと思うというような意見を述べるのではなく、新郎新婦様がどのような挙式にしたいと考えているのかという点を聴くことが大切です。

 

意見や希望を聴いたうえで、どのようにしていくのかをカウンセリングしていかなくてはなりません。

 

新郎新婦様の結婚式を輝かせるため、そして、その上で重要となる信頼関係を築くため、コミュニケーション能力は大切なのです。

 

営業力

ウェディングプランナーなのに営業?!と思った方もいらっしゃるかもしれません。

 

いくら幸せの形をお手伝いしたいと言っても、やはりビジネスであることには変わりありません。

 

いかに自社で挙式を行っていただくメリットをお伝えできるのか、いかに自分を選んでもらうようにするのかということも大切になります。

 

自分自身と会社を売り込んでいくような営業力も、必要となるスキルなのです。

 

もちろん、営業丸出しの業務を行うのではなく、新郎新婦様に真摯に対応していくことが営業へと繋がります。

 

パソコンスキル

営業力と同様、意外に感じられるスキルとして、パソコンスキルが挙げられます。

 

パンフレットなどで式や衣装のイメージを伝えるというだけでは、実際にどのような感じになるのかというのはわかりづらいものがあります。

 

そこでパソコンを使用して、衣装のカラーやデザイン、式の雰囲気などを紹介することが出来れば、より新郎新婦様にイメージが伝わりやすくなります。

 

パソコンスキルがあれば、簡単なスライドなども使用できるようになりますので、より良い提案が行えるようにするためにも、このようなスキルを身につけておくといいのではないでしょうか。

 

接客マナー・接客スキル

これはとても重要なスキルです。

 

文句ばかり言ったり、無理な要求ばかりしてきたりという新郎新婦様を目の前にして、嫌な顔をしてしまうプランナーではいけません。

 

どのように対応していけばいいのかという事や、気持ちよく結婚式を迎えていただくための方法などを学んでおく必要があります。

 

お客様の迎え方から挨拶の仕方、お辞儀の仕方などを身につけておくことで、プランナーとしての質を高めることが出来ます。

 

どのようなお客様に対しても、自分はプロであるという意識を大切に、仕事を行っていきたいですね。

 

プランニングスキル

プランニングスキルは、新郎新婦様が希望されている結婚式にするために欠かせないものとなります。

 

自分勝手にプランニングするのではなく、新郎新婦様のオリジナルの結婚式となるように希望を取り入れていくことが大切になります。