最短でウェディング(ブライダル)プランナーになるには?

ウェディングプランナーとして、出来るだけ早く活躍したいという方も多いのではないでしょうか。

 

自分が憧れている職業がある場合、出来れば早く憧れの仕事に就いて、思い描いているような生活をしたいと考えると思います。

 

そこで、最短でウェディングプランナーとなるためにはどのような方法があるのかという事について、見ていきたいと思います。

 

ウェディングプランナーになるにはどうすればいいの?

まず、ウェディングプランナーになる方法にはどのようなものがあるのかを見てみましょう。

 

1,大学に通って資格を取得する
2,短大に通って資格を取得する
3,専門学校に通って資格を取得する
4,通信・通学講座を受講して取得する
5,スクールに通って取得する

 

など、このような方法でウェディングプランナーになることが出来ます。

 

無資格の状態でもウェディングプランナーと名乗ることは可能ですが、就職するとなるとやはり資格が求められる事が多くなります。

 

お客様の大切な一日をプロデュースするわけですから、やはりそれは当然の事でもあります。

 

では、最短でウェディングプランナーとなるためにはどの方法が良いのでしょうか。

 

最短でウェディングプランナーになるには?

上記の方法の中で、最短でウェディングプランナーとなるためには、どの方法がいいのか見てみましょう。

 

まず、大学に通うとなると、4年間の学生生活を送ることになります。

 

となると、資格を取得して働き始めるまでには、最低でも4年間かかるということです。

 

ただ、大学で学ぶとなると、時間にある程度のゆとりがあります。

 

そこで、学生生活を送りながらアルバイトなどでホテルや式場などで働くことで、ウェディングプランナーとしての仕事を間近で見ることが出来ます。

 

では、短大や専門学校はどうでしょうか。

 

短大の場合には、2年〜3年程度の学生生活を送る事になります。専門学校では1年〜2年程度です。

 

どちらも短期間となりますので、時間にあまりゆとりがなく、忙しく生活する事になる場合が多くなっています。

 

こうしてみてみると、大学も短大も、最短でウェディングプランナーになれるとは言いがたい部分があります。

 

最短でウェディングプランナーになれるのは、やはり通信・通学講座を受講するという方法です。

 

通信・通学講座では、大体の場合4ヶ月程度の学習でウェディングプランナーの資格を取得することが出来ます。

 

もちろん講座によって期間は異なるのですが、大学や短大、専門学校などと比較すると、かなり早く資格を取得できると言えます。

 

ただ、学習できる内容にはやはり差がありますので、自分がどのように学びたいのかを考えておく必要があります。