ウェディングプランナーに求められる能力とは?

どんな能力が必要になるの?

ウェディングプランナーは多くの女性から憧れられる仕事ではありますが、強い責任を要求される仕事であるだけに「誰でもできる仕事」というわけでもありません。

 

やはり、ウェディングプランナーとして要求される能力がありますので、この能力を身に着けることができるように努力できるかどうかが大切になってくるでしょう。

 

まずコミュニケーション能力は第一!

どんな仕事をするにも必要とされるコミュニケーション能力。ウェディングプランナーの場合、より高いコミュニケーション能力が必要とされると考えて良いでしょう。

 

カップルにとっては「一生に一度の結婚式」となりますので、その結婚式を安心してお任せすることができる頼りがいのあるウェディングプランナーを求めているはず。

 

自分たちの疑問をなんでも相談できること、不安なことがあれば口に出せること、それはやはりウェディングプランナーのコミュニケーション能力の高さに左右されます。

 

カップルが安心して頼ることができるようなウェディングプランナーを目指したいですね。

 

また、ウェディングプランナーは他のブライダル関連の仕事をしているひととも連携して仕事をしていきます。色々な立場のスタッフと気持ちよく仕事をするためにも、コミュニケーション能力は必要になりますね。

 

プランニングをする能力・それを提案できる能力

ウェディングプランナーの仕事は、カップルに対して「こういう結婚式のプランがありますよ」と提案をしたり、そのカップルの希望に沿った式の提案をしたりという仕事が求められます。

 

ただでさえ今の結婚式は低予算になりがちですので、その中でいかにカップルの希望をくみ取り「どう願いを叶えるか」を考えていかなくてはなりません。

 

「予算内で、かつカップルの夢を叶えられるプランを提案する能力」が求められるので、引き出しをどんどん増やしていく努力ができる能力は必須となるでしょう。

 

質のいい接客ができるかどうか

結婚式と言うのは人生の大きな節目となるイベントになります。その結婚式を挙げようとしているカップルや招待されたゲストに対して、最高レベルの接客ができるかどうかというのは最低限の条件になります。

 

言葉遣い、お辞儀の深さなど「質のいい接客」は細かいところまで気を配らなければなりません。

 

それができるかというのは、まずウェディングプランナーの基本の資質だと考えて下さい。