ブライダルスタイリストの仕事内容とは?

「可愛く見えるドレスが良い!」「メイクは上品な感じで」「小物はこんな感じ」「花婿はかっこよく見える衣装を!」というように、結婚式に対してのこだわりは、人それぞれとても多彩です。

 

ブライダルスタイリストは、多くのこだわりと希望とイメージを持った花嫁・花婿を対象として働く仕事です。

 

では、具体的にどのような仕事を行っていくのか、少し見てみたいと思います。

 

ブライダルスタイリストの仕事内容は?

ブライダルスタイリストとは、花嫁と花婿に対し、ヘアメイクや衣装、小物、ブライダルエステ、ブーケ、アクセサリーなどを提案していく仕事です。

 

前述のように、結婚式に対するこだわりや希望というのは、人によって様々であり、記念すべき日となる一日に込める想いというのは特別なものがあります。

 

お客様が希望されているスタイリングを取り入れ、その中でいかに花嫁と花婿を引き立たせる事ができるかという点が、ブライダルスタイリストの腕にかかっているのです。

 

衣装やアクセサリー、ネイル、エステ、ヘアメイクなどを担当していくため、様々な知識と技術が求められる事になります。

 

もちろん、接客業となりますので、接客マナーなども身につけている必要があります。

 

また、衣装やヘアメイク、ブーケなどの提案だけではなく、これらの衣装やアクセサリーの管理や手入れというものも、とても重要な仕事となっています。

 

やはりお客様には綺麗な状態の衣装やアクセサリー、小物などを身につけて頂きたいものです。

 

ブライダルスタイリストとして、花嫁や花婿の魅力を最大限引き出せるような提案が出来るように、最新のトレンドなどについても精通している必要があります。

 

常に新しい情報や、海外などのブライダルに関しても、知識を得ようとすることが重要となります。

 

ブライダルスタイリストの仕事に役立つ資格は?

ブライダルスタイリストとして活躍するために、役に立つ資格がいくつかあります。

 

まず、美容師の資格です。

 

ブライダルスタイリストは、ヘアメイクなどを提案したり、ドレスを選んでいる際にパパっと手際よくヘアアレンジを施すということも必要になります。

 

そのような際に美容師の資格があると、スムーズにヘアアレンジが行えるほか、様々なアレンジの提案なども行えるようになります。

 

そして、色彩検定やネイル検定などもとても役に立つ資格だと言えます。

 

カラーについて知っていることで、衣装を選んだりコーディネートする際に、違和感のないまとまりのある提案を行う事が出来ます。