ウェテ?ィンク?フ?ランナーとは?

憧れの結婚式をつくりあげる

結婚式とは、カップルにとって「夫婦になるというお披露目の場」であり、両親にとっては息子と娘を送り出す場でもあります。

 

それだけに結婚式への思い入れが強いカップルと言うのは少なくなく、「一生に一度の結婚式を悔いのないようにしたい」と考えるカップルはたくさんいるでしょう。

 

そんな結婚式を、カップルの要望に沿って作り上げるのが「ウェディングプランナー」です。

 

どんな仕事をするの?

結婚式を挙げるとなれば、まずはどんな会場でどんな式を挙げるのか、予算はどの程度かかるのか、ウエディングドレスはどうするのか、お色直しは何回か、料理の種類など決めることがたくさん出てきます。

 

これをカップルだけで決めるとなると大変なので、ウェディングプランナーが手助けをしながら「理想の結婚式にするにはどうしたらいいのか」を整理していきます。いわば、ウェディングプランナーは結婚式の道先案内人ですね。

 

ちなみにウェディングプランナーは「ブライダルプランナー」「ブライダルコーディネーター」という呼び方をすることもあります。

 

披露宴に関するすべてを引き受ける仕事

ウェディングプランナーは、結婚式を挙げるカップルが理想に近い結婚式を挙げることができるようにすべてを請け負います。そのためには花嫁や花婿と密に連絡を取り合う必要がありますし、また相手に「この人なら安心して任せることができる」と信用してもらわなければなりません。

 

そのためのコミュニケーションを大事にすること、そして「一生に一度の結婚式を素晴らしいものにしたい」とカップルと一緒に頑張れる人がこの仕事に向いています。

 

もちろん、それだけ責任が大きい仕事ではありますが、人の結婚式と言う幸せをつくりあげるこの仕事は人生に大きな感動も与えてくれるでしょう。

 

人の幸せの瞬間に立ちあい、さらに人生の門出を一緒にお祝いすることができる素晴らしいお仕事です。