ウェディングプランナーとして働くうえで大切なこと

ウェディングプランナーは、新郎新婦様の大切な一日をプロデュースしていく仕事です。

 

大きなやりがいを得る事が出来ますし、様々な新郎新婦様と出会うことで、人間として成長していくことが可能です。

 

このウェディングプランナーという仕事はとても人気がある一方で、就職については狭き門とも言われています。

 

どのようなことが大切になるのかが分かっていなくては、仕事を続けていくことが出来ない場合もあります。

 

憧れのウェディングプランナーとして働き続けるために、大切になることを覚えておきましょう。

 

ウェディングプランナーが大切にすべきこと

ウェディングプランナーとして働く上で、大切になってくることには様々な点があります。

 

・新郎新婦様の気持ちを大切にすること
・この場限りの付き合いだと思わないこと
・経験から常に学び取ろうとすること
・体調管理を怠らないこと

 

など、このような点が挙げられます。

 

新郎新婦様の気持ちを大切にすること

ウェディングプランナーとして働くと、「自分だったらこうするのに」「もっとこんな風にしたい」というように思うこともあるかもしれません。

 

ウェディングプランナーは、新郎新婦様の大切な一日をお手伝いする仕事です。

 

決して、自分の結婚式をプロデュースしていくわけではありません。

 

そのため、自分の気持ちではなく、新郎新婦様の気持ちや意見などを大切にしていくことが求められます。

 

もちろん、ウェディングプランナーとして提案することが大切なのですが、自分個人の趣向を押し付けないということが重要なのです。

 

どんな場合であっても新郎新婦様の気持ちを汲み、新郎新婦様の気持ちになって仕事をしていくことが大切です。

 

この場限りの付き合いだと思わないこと

結婚式が終わったら、この新郎新婦様とは関わる事はないと思うかもしれません。

 

文句ばかり言われるような新郎新婦様の場合、「この場限りだから」と言い聞かせているプランナーの方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、この場限りの付き合いだと思ってしまうと、新郎新婦様の気持ちを大切にした仕事は出来なくなります。

 

プランナーも人ですので、「他人事だから」「少しくらい妥協してもいいだろう」というような気持ちになってしまうこともあるかもしれません。

 

”この場限り”ではなく、新郎新婦様との出会いを大切にし、信頼関係を築こうとする姿勢が重要です。

 

経験から常に学び取ろうとすること

新郎新婦様それぞれに、個性があったり希望があったりします。

 

ウェディングプランナーとしてたくさんの新郎新婦様の結婚式をお手伝いしていくと、多くの経験を積む事が出来ます。

 

その経験を、ただの仕事の中での出来事として流してしまうのではなく、次にどのように活かすかということを考えることが大切です。

 

経験から常に学ぶ事で、プランナーとして成長していくことができ、新郎新婦様によりよいプランニングを行う事が出来る様になります。

 

体調管理を怠らないこと

ウェディングプランナーは、体力勝負とも言われています。

 

土日や祝日、大型連休などの繁忙期には、深夜まで残業しなくてはならないことも・・・

 

体調管理をしっかりと行わなくては、新郎新婦様にも迷惑をかけてしまうことになります。

 

どんなに忙しくても、体調管理を行うようにしましょう。