ウェディングプランナーの年収はどのくらい?

ウェディングプランナーの年収について気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

ウェディングプランナーに憧れているけれど、生活していけるだけの給料をもらえるのか、仕事内容に見合った給料なのかというのは、大切なことです。

 

お金で仕事を選ぶというわけではなく、その仕事をずっと続けていくために、年収を知っておくことも大切です。

 

ウェディングプランナーの仕事は多忙

ウェディングプランナーは、とても華やかな世界で活躍する仕事だと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

幸せな新郎新婦様と伴に、何度も打ち合わせを繰り返し、素敵な結婚式にしていく・・・

 

確かにその通りなのですが、素敵な結婚式を実現させるためには、残業やプランの変更など、様々な仕事をこなす必要があります。

 

ウェディングプランナーはとても多忙な職だと言われており、まとまった休日もないとされています。

 

責任がとても重く、結婚式の良し悪しはプランナーによって左右されるとまで言われています。

 

そのような中で、一体どのくらいの年収を受け取ることができるのでしょうか。

 

年収は低い・・・?

ウェディングプランナーの年収は、平均すると250万円から400万円程度とされています。

 

仕事の内容を考えてみると、安いのではないかという声も多くあるようです。

 

ただ、勤務する式場や企業によって給料は異なりますし、出来高制がとられているところであれば、自分の働き次第で給料が異なります。

 

長年勤務し続けることで、給料がアップするというところもありますので、一概にどうこう言えるものではありません。

 

フリーのウェディングプランナーとして成功すれば、年収は500万円を超えるとされています。

 

ただ、仕事がなくなってしまった場合には当然収入もなくなりますので、生活していくことを考えると一歩踏み出せないというプランナーも多いようです。